季節のトラブル

秋なのに花粉トラブル?目がかゆいときのやわらげ方と予防方法

暑さもやわらぎ、アウトドアレジャーも快適に楽しめる秋。でも公園や河川敷に散歩に出かけたとき、くしゃみや鼻水、目のかゆみに悩まされたことはありませんか?今回は、目や目の周りがかゆくなる原因と対処法、予防方法について紹介します。

Crystal Dental Clinic International
中島由美先生

目がかゆくなるのはなぜ?

目や目の周りがかゆくてつらい場合、まず考えられるのがアレルギー性の結膜炎です。これは、目に花粉などアレルギー反応を引き起こす物質が付着することで引き起こされます。

花粉というと春先に多く飛散するスギ・ヒノキ花粉が有名ですが、初夏や秋に飛散する花粉もあります。詳しくは『スギ・ヒノキだけじゃない!花粉症の原因植物の種類と飛散時期は?』や、『もしかしてこの症状…花粉症?秋の花粉の正体と対策』をご覧ください。

花粉によるアレルギー性結膜炎

私たちの身体には、細菌やウイルスなど外部から入ってきた異物を排除しようとする機能が備わっています。この機能が花粉に対して過剰に反応することで、目や鼻にアレルギー症状を起こすようになるのです。

特に目は、まぶたの裏側を覆う粘膜(結膜)に花粉などのアレルゲンが接触しやすく、眼球やまぶたのふちがかゆくなったり、ゴロゴロとした異物感を感じたりすることがあります。また、鼻からアレルゲンを吸い込むなどしてアレルギー反応が全身に及んだ結果、目にもかゆみが現れることがあります。

バリア機能低下による目もとの肌トラブル

粘膜だけでなく、まぶたや目の周囲までかゆい場合は、肌に問題があることも。目の周りの皮膚は薄く、外的刺激から肌を守るバリア機能が弱いため、花粉などの外的刺激に対してかゆみや赤みなどの肌トラブルを起こしやすくなります。さらに「かゆいから」と目の周りの皮膚をゴシゴシこすることも、バリア機能の低下をもたらします。

詳しくは、『花粉で顔に湿疹・かゆみが!?春の肌トラブルに対処するには』をご覧ください。

目のかゆみを和らげるには?

アレルギー性結膜炎は、目をこすったり温めたりするとかえってかゆみを悪化させることがありますので気をつけましょう。

かゆいときは冷やす

かゆみを落ち着かせるには、冷やすのが一番です。清潔なタオルを冷水に浸したり、保冷剤をタオルに包んだりして目もとにあてましょう。こすりすぎると眼球や、目もとのデリケートな皮膚を傷つけてしまうおそれもあるので控えましょう。

洗浄する

目に花粉が入ると洗い流したくなりますが、水道水の含有塩素が目に刺激を与えることも。水道水ではなく、市販の洗眼液や人工涙液を活用するのがよいでしょう。なお、天然の涙には目の機能を正常に保つ働きがあるので、洗い過ぎて涙を奪わないことも大切です。

花粉による目のかゆみを防ぐには?

春の花粉同様、秋もできるだけ花粉に接触しないことが一番。以下の対策を取り入れましょう。

花粉が飛びやすい場所には近寄らない

春先に花粉をつけるスギやヒノキは、樹木の高い位置から広範囲に飛散するという特徴があります。一方、ブタクサやヨモギ、カナムグラなど秋に花粉をつける植物は、道端や公園、河川敷などに多く、飛散する範囲も限定的です。自生場所を避けるだけでも、花粉の症状を抑えるのに役立つでしょう。

メガネやサングラス、マスクで肌をガード

やむを得ず花粉の多い場所に近寄る場合は、目もとをカバーするメガネやサングラスを着用しましょう。できれば目もとをすっぽり覆うゴーグルタイプがおすすめですが、普通のメガネでも目に入る花粉量を40%カットすることができます[1]。普段コンタクトレンズを使用している人も、この季節はメガネに替えるのがよいでしょう。

マスクにも吸い込む花粉を減らして目や鼻の症状を軽くする効果があるので、セットで活用するのがおすすめです。

室内に花粉を持ち込まない

花粉は衣類や髪の毛に付着して、室内に持ち込まれることもあります。そのため花粉の多い場所から帰宅したときは、必ず衣類や髪のホコリを払ってから室内に入る習慣をつけましょう。

花粉は開け放した窓から入ってくることもあります。窓や玄関など出入り口のそばに花粉をつける植物がないかチェックするとともに、拭き掃除をまめに行い、室内に花粉が蓄積されるのを防ぎましょう。

花粉による目もとのかゆみ・赤みに!塗りやすい治療薬

アレルギー性のかゆみは、こすらず冷やすことが大切。かゆみ止め成分を配合した治療薬ですばやく治しましょう。治らない場合は病院に行ってくださいね。

花粉は、春先だけのものとは限りません。秋にも多く飛散し、目のかゆみやくしゃみ・鼻水、肌のゆらぎの原因となることがあります。症状がつらくなる前に、メガネやマスクでガードするなどの対策を取り入れましょう。目もとの皮膚がかゆいときにさっと塗れる治療薬も、ひとつ用意しておくと安心ですね。

参考文献

[1]環境省 "花粉症環境保健マニュアル-2014年1月改訂版-Ⅲ . 花粉症の予防と治療" 環境省ホームページ. https://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/manual/3_chpt3-1.pdf(参照2019-07-29)

  • ツイート
  • シェア
  • LINEに送る
  • はてブ

KEYWORDS

  • 花粉
  • 目かゆい