季節のトラブル

日焼け後の肌に湿疹?はれや痛みを長引かせないケアとは

太陽光に含まれる紫外線は、肌にさまざまな影響を与えます。きちんと紫外線対策をしないまま屋外に出かけ、思いがけず日焼けをしてしまった経験は誰にでもありますよね。日焼け後に肌が赤くなったり、ぶつぶつなどの湿疹が現れたりするのはなぜなのでしょうか。湿疹が現れたときの対処法や予防方法についてご紹介します。

くみこアレルギークリニック
向田公美子先生

日焼けをした肌はどういう状態?

「日焼け」は医学用語だと「日光皮膚炎」と呼ばれます。皮膚炎と聞くと少し怖いですが、どのような状態なのでしょうか。

一般的な日光皮膚炎

強い太陽光に長時間さらされた肌は、赤くなってヒリつき、時には水ぶくれを起こすこともあります。これは、肌のもっとも外側にある表皮が火傷をしたのと同じ状態。肌の赤みは8~24時間でピークを迎えて、2~3日後には落ち着きます。水ぶくれを起こした部分は、やがて皮がむけることもあります。これは、紫外線によってダメージを受けて修復が困難になった角層細胞を排除するための現象と考えられています。

日焼けは、短期的には赤い日焼け(サンバーン)や黒い日焼け(サンタン)を引き起こしますが、長期的に浴び続けているとシミ・シワといった肌老化をはじめ、さまざまな皮膚症状の原因になることがあります。肌のためを思うならば、後でご紹介するような予防法を取り入れていきましょう。

わずかな紫外線で肌に炎症が起きることも

日焼けは通常、太陽光に長時間さらされた後に起こります。しかし、まれに少し太陽光に当たっただけで肌が赤くヒリヒリしたり、ぶつぶつが現れたりすることがあります。

日光に当たった後なので日焼けと似ていますが、「光線過敏症」と呼ばれる別の病気です。特定の物質を皮膚に塗ったり薬を飲んだりした後に日光に当たると、皮膚がかぶれてしまうことがあるのです。原因となる物質は複数あります。太陽光に短時間しかあたっていないのに肌に異変が起きたときは、すみやかに医療機関に相談しましょう。

日焼けした肌のアフターケア

日焼けした直後の肌は赤く熱を持った状態なので、まずはほてりを鎮めることが大切です。ビニール袋に入れた氷や冷水でしぼった濡れタオルなどを当ててクールダウンしましょう。

ほてりが落ち着いたら、痛みやかゆみ、炎症を抑えるために消炎効果のある塗り薬などを塗って様子をみましょう。水ぶくれが大きくなる、炎症の範囲が広がるなどの症状があった場合は、皮膚科医の診察を受けることをおすすめします。

日焼け後の肌は、角層細胞がダメージを受けて水分をキープできなくなっている状態です。そのままでは乾燥が進むため、ヒリつきや痛みが治まったら刺激の少ない化粧水や乳液で肌を保湿することも大切です。洗顔をする場合は、洗顔料をたっぷりと泡立てて肌の上で転がすようにやさしく洗い、短時間で済ませましょう。

日焼けを予防するには?

日焼けは、太陽光に当たらないことがもっとも大切です。紫外線の量は沖縄では3月から、関東でも5月から非常に強くなります。ちなみに、太陽光が暖かいのは赤外線によるものです。暖かく感じないときでも紫外線を浴びている可能性があるので気をつけましょう。

直射日光を避けるには、以下のようなポイントを押さえて行動することが大切です。

  • 外出するときは、紫外線の強い時間帯(午前10時~午後2時)を避ける
  • 日傘や帽子を活用する、または衣服やストールなどで肌の露出を抑える
  • 屋外にいるときは、できるだけ日陰を活用する

紫外線を防止する効果の高い日焼け止めを塗るのも対策の一つです。日焼け止めに配合されている紫外線防止剤には、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。

敏感肌の人は、アレルギー反応を起こすことが比較的少ない「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」などと表示されている日焼け止めを、2~3時間おきにつけ直すようにしましょう。

日焼けした後の湿疹が心配な肌に!すっとなじむノンステロイド治療薬

紫外線をたっぷり浴びた肌は炎症を起こし、かゆみや湿疹を起こしやすいデリケートな状態です。やさしく洗って清潔にしてから、医薬品の塗り薬でやさしくケアをしましょう。

IHADA(イハダ)のプリスクリードDは、炎症を鎮める有効成分を配合したノンステロイド処方のエッセンス治療薬です。資生堂独自の超微細エマルジョン技術は夏の肌にもベタつかず、すっとなじむ使い心地です。

第2類医薬品

エッセンスタイプ治療薬イハダ プリスクリードD

容量/希望小売価格(税抜)

14mL/1,800円

[ 適応症 ]

皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

湿疹や皮膚炎に効く、ノンステロイド治療薬です。素肌と同じ弱酸性で、無香料・無着色。ベタつかず、肌になめらかにのびて、すっとなじむエッセンスタイプです。

日差しが強さを増す初夏は、屋外でレジャーを楽しみたくなるもの。ただし、うっかり日焼けを防ぐためにもきちんと紫外線対策を。万が一日焼けをしすぎたと思ったら、患部を冷やしてほてりを鎮めましょう。炎症を起こした肌はデリケートなので、低刺激処方の塗り薬で患部をやさしく保護することも忘れないようにしてくださいね。

  • ツイート
  • シェア
  • LINEに送る
  • はてブ

KEYWORDS

  • 日焼け
  • 湿疹