季節のトラブル

大人も注意したいあせも(汗疹)の原因と症状、予防方法

汗をたくさんかいたときは、肌に水ぶくれやかゆみなどのトラブルを伴う「あせも(汗疹)」に注意したいもの。あせもは赤ちゃんによく見られる症状ですが、近年では夏の猛暑などにより、大人や高齢者に起こることも珍しくありません。あせもの原因や症状、予防方法について見ていきましょう。

四谷三丁目皮膚科 院長
山田美奈先生

あせもは汗管のつまりによって起こる

あせもは専門用語では「汗疹(かんしん)」と呼びます。大量にあせをかいたときに汗を排出する汗管(かんかん)が一時的につまることにより、汗がスムーズに排出されないことで起こるトラブルです。

私達の全身には、汗腺という汗を出すための器官が分布しています。さらに、汗腺にはエクリン腺とアポクリン線の2種類があります。暑いときに体温調節をするための汗は主にエクリン腺から分泌され、このエクリン腺が何らかの原因でつまってしまうとあせもの症状が現れるのです。

そのため、あせもは汗が大量に出る高温多湿の環境下や、発熱・スポーツ時に起こりやすくなります。また、湿布や包帯、ギプスの装着などで通気性が悪くなった一部分に見られることもあります。

汗管のつまる深さで変わるあせもの症状

今まであせもを経験したことのある人であれば、ぶつぶつができるだけのときと、ぶつぶつに加えてさらにかゆみがあるときなど、1パターンだけではないことを知っているのではないでしょうか。それは、汗管がつまる深さであせもの症状が変わるからです。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

汗管のつまりが、皮膚のごく浅い部分(角層)で起きたときに発生します。汗管が破裂するために直径数ミリの透明な水ぶくれがポツポツと現れ、ほとんどの場合でかゆみや炎症はありません。数日で水ぶくれが乾燥して、自然に目立たなくなります。赤ちゃんの顔にできやすい種類のあせもですが、大人でも発熱する病気の際に発生することも。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

汗管のつまりが、表皮部分で起きたときに発生します。一般的にあせもと言えば、この紅色汗疹を指す場合が多いようです。表皮部分で汗管が破裂してしまうことで、炎症が起きてかゆみや赤みのあるぶつぶつが見られます。しばしば湿疹になったり、細菌が増殖して膿が発生したりすることもあります。高温多湿の環境で汗をたくさんかいたときに現れやすく、乳幼児や肥満の人、汗かきの人に多い症状です。

深在性汗疹(しんざいせいかんしん)

紅色汗疹よりさらに深い、真皮内で汗管がつまったときにできます。紅色汗疹を繰り返すことで、なだらかな盛り上がりが発生するようになります。主に熱帯地方で見られる症状です。

あせもを予防するには?

あせもを防ぐには、「汗をかいたときに放置しないこと」がもっとも重要です。こまめに汗を拭いたり、着替えたり、ぬるめのお湯で洗い流すとよいでしょう。

高温多湿の環境では、エアコンをうまく活用するようにしてください。また、吸収性のよい下着や通気性のよい衣類を身につけて、汗をかいても濡れたままにしておかないようにしましょう。

万が一あせもができてしまったら、入浴やシャワーで肌を清潔にしてから、薬を塗って早めに治療することも大切です。詳しくは、『あせも(汗疹)ができたら薬は必要?症状別の対処法』も合わせてご覧ください。

大量の汗をかいた後などにできやすくなるあせも。軽いものであれば数日で自然に改善していきますが、赤み・かゆみを伴ったときは、肌をかいたりせずに薬で治すことが大切です。

IHADA(イハダ)のプリスクリードシリーズは、肌と同じ弱酸性、ノンステロイド処方の治療薬。のびがよくて広い部位にも使いやすいエッセンスタイプ、細かな部分にピンポイントで塗りやすいクリームタイプの2種類から選べます。

第2類医薬品

エッセンスタイプ治療薬イハダ プリスクリードD

容量/希望小売価格(税抜)

14mL/1,800円

[ 適応症 ]

皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

あせもや湿疹・皮膚炎に効く、ノンステロイド治療薬です。素肌と同じ弱酸性で、無香料・無着色。ベタつかず、肌になめらかにのびて、すっとなじむエッセンスタイプです。

第2類医薬品

クリームタイプ治療薬イハダ プリスクリードi

容量/希望小売価格(税抜)

6g/900円

[ 適応症 ]

皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

かゆみ止め成分を配合した、ノンステロイド治療薬。適量をとりやすい先細チューブを採用し、目もとなど患部だけに塗りたいときに便利。テカらないクリームタイプです。

気温が急激に上昇する夏は、たくさん汗をかく機会が増えることから、大人でもあせもの発生に注意が必要です。吸水性・通気性のよい衣類を身につけ、汗をかいたらこまめに拭き取りましょう。万が一、あせもらしい症状が出てしまったときは、肌をかいたりせずに医薬品の塗り薬で症状をすばやく改善しましょう。

  • ツイート
  • シェア
  • LINEに送る
  • はてブ

KEYWORDS

  • あせも
  • 原因