お肌のトラブル

敏感肌で肌がかゆい!かゆみがつらいときの対処法とは

敏感肌になると、身の回りの化粧品や衣類が刺激となり、かさつきや赤み、湿疹などの肌荒れを起こしやすくなりますよね。さらに、がまんできないほどのかゆみに襲われて、思わず爪でかきむしってしまうことも。このようなつらいかゆみには、どう対処するべきなのでしょうか。

くみこアレルギークリニック
向田公美子先生

かゆみが起こる敏感肌の状態とは

敏感肌に明確な定義はありませんが、さまざまな外的刺激に対して、皮膚の感受性が高まった状態のことを指します。こうした肌は、「うるおいバリア機能」が低下していることが多いようです。

肌の表面、外界と接しているわずか0.02mmほどの部分を「角層」といいます。角層では、うるおいを蓄えた「角層細胞」が並び、細胞と細胞の間を「細胞間脂質」がびっしりとうめてバリアをつくることにより、大気中のホコリや紫外線、ウイルスなど外的刺激の侵入を防いでいます。

しかし、湿度の低下や加齢、間違ったスキンケアなどで角層からうるおいが失われると、この「うるおいバリア機能」も低下。外部から異物が侵入しやすくなり、化粧品がピリピリと肌にしみたり、肌に付着したホコリや髪の毛などのちょっとした刺激でかゆみや赤み、湿疹を起こしたりすることがあります。

肌の乾燥やうるおいバリア機能の低下については、『肌はどうして乾燥するの?その原因と正しい対策』を、また、敏感肌の症状や原因については、『これって敏感肌?症状や原因、肌にゆらぎを感じたときの対処法』でも解説していますので、合わせてご覧ください。

かゆみがとまらなくなるのはなぜ?

皮膚の下には、かゆみを脳に伝える知覚神経が存在しています。その知覚神経の末端にヒスタミンなどの「かゆみ物質」が作用することで、かゆみを認識すると考えられています。

乾燥によってうるおいバリア機能が低下した肌は、ちょっとした刺激にもかゆみを感じてしまうため、つい爪を立ててかきむしりたくなります。かいた直後は一瞬かゆみが治まりますが、かくことでうるおいバリア機能はさらに低下。また、肌をかきむしるとかゆみ物質が放出されて肌が炎症を起こし、さらなるかゆみを感じるようになります。

こうして、爪でかきむしるたびにますますかゆくなり、さらにかいてはかゆみの範囲が広がっていく…という悪循環を招いてしまうのです。

敏感肌のかゆみへの対処方法

敏感肌によるかゆみが我慢できないほどつらいときは、どうするのがよいのでしょうか。詳しい対処方法をご紹介します。

肌がかゆくても、かかずに冷やす

爪を立てて肌をかきむしると、かゆみの悪循環を招くのはすでにご紹介したとおりです。このようなときはまず冷たいタオルなどで肌を冷やし、知覚神経の興奮を鎮めましょう。それから、かゆみや炎症を鎮める治療薬を塗るのがおすすめです。

かゆみの原因となる刺激を避ける

かゆみを引き起こす原因物質が分かっている場合は、肌に直接触れさせないようにしましょう。汗はこまめに拭く、髪の毛は顔にかからないようまとめる、ウールのニットや下着のタグがチクチクする場合は、こうした衣類を避ける、帽子やマスクで、花粉から肌を守る…などの対処法があります。

肌のうるおいバリア機能を整える保湿ケア

肌にホコリや汚れが付着していると、刺激となることがあります。肌を清潔に保つとともに、角層のうるおいバリアを育てる保湿ケアを心がけましょう。洗顔をするときはゴシゴシこすらず、石鹸や洗顔料をしっかり泡立てやさしく洗います。洗顔や入浴の直後は角層から水分が奪われやすいので、すばやく保湿する習慣をつけましょう。

毎日のスキンケアでは、低刺激処方の化粧水や乳液を選ぶのがおすすめ。コットンの繊維が肌を摩擦して刺激となることもあるので、敏感肌の方は清潔な手のひらでやさしく押し込むようにしてなじませるとよいでしょう。

敏感でかゆみを感じやすい肌に、乳液タイプの治療薬!

乾燥が進んで敏感になりがちな肌は、ちょっとした刺激にもかゆみを引き起こしやすい状態。そんなときは、乳液タイプの医薬品でケアしてあげましょう。

IHADA(イハダ)のドライキュア乳液は、保湿やかゆみ抑制などの働きをもつ4つの有効成分(ヘパリン類似物質、ジフェンヒドラミン、アラントイン、トコフェロール酢酸エステル)を配合。うるおうのにベタつかない、快適な使い心地です。

第2類医薬品

乳液タイプ治療薬イハダ ドライキュア乳液

容量/希望小売価格(税抜)

50g/1,000円

[ 適応症 ]

かゆみを伴う乾燥性皮膚(成人・老人の乾皮症、小児の乾燥性皮膚)

乾燥肌に使いやすい、乳液タイプの乾燥治療薬です。有効成分のヘパリン類似物質が肌の保水力を回復し、ジフェンヒドラミンがかゆみを鎮めます。敏感な肌にも使える無香料・無着色。素肌と同じ弱酸性です。

肌が敏感になり、かゆみを感じやすいときは、肌のうるおいバリア機能が低下している状態です。かゆいからとボリボリかくと、うるおいバリア機能をさらに低下させることに。かゆいときはひとまず患部を冷たいタオルなどで冷やし、かゆみを抑える治療薬を塗るとよいでしょう。

うるおいバリア機能の低下をもたらす肌の乾燥を改善していくためには、毎日のスキンケアも大切。洗顔後に肌になじませるだけで肌の保水力を高める乳液タイプの治療薬もぜひ、取り入れてみてくださいね。

  • ツイート
  • シェア
  • LINEに送る
  • はてブ

KEYWORDS

  • 敏感肌
  • かゆみ