季節のトラブル

花粉で顔に湿疹・かゆみが!?春の肌トラブルに対処するには

春先に多いスギ花粉症は、目のまわりがかゆくなる、くしゃみ・鼻水が止まらなくなるなどの症状が典型的です。しかしなかには、ほおなど肌一面にぶつぶつが現れる人、まぶたや目の周りに赤い湿疹が出てしまう人も…。こうした症状はなぜ、起こるのでしょうか。

花粉による湿疹や赤み・かゆみについて、発生のメカニズムや対処法をわかりやすくご紹介します。

くみこアレルギークリニック
向田公美子先生

花粉シーズンの肌に湿疹・かゆみが現れる理由

花粉の影響でくしゃみ・鼻水が止まらなくなったり、目の粘膜に炎症を起こしたりするのは、体内に入ろうとする花粉を身体が異物と捉え、追い出そうとする「アレルギー反応」によるものです。肌の場合も同様に、皮膚を通して侵入しようとする花粉に対してアレルギー反応を起こすことがあります。

なぜ、花粉で肌トラブルが起こるの?

私たちの肌には本来、外界から異物が侵入するのを防ぐ「バリア機能」が備わっています。このバリア機能において重要な働きをしているのが、表皮のもっとも外側で外界と接している角層です。

角層では、うるおいを含んだ角層細胞と、角層細胞同士をつないでいる細胞間脂質がすきまのない構造を作っています。さらに、角層表面を皮脂の膜が覆うことで、肌の内側から水分が蒸散するのを防いでいます。この状態が保たれた肌は、花粉はもちろん、PM2.5や細菌・ウイルスもブロックすることができます。

しかし、空気が乾燥する季節になると、角層からうるおいが失われて細胞と細胞の間にすきまが生じ、バリア機能が低下。花粉が肌に侵入しやすくなり、免疫システムがそれらを追い出そうと反応してしまうのです。

花粉による肌トラブルが現れやすい部位は?

花粉による湿疹・かゆみは、バリア機能が低下し、かつ、花粉にさらされやすい顔や首に起こりやすいことが分かっています。軽いかぶれや赤み・ぶつぶつ、チリチリとしたくすぐったいようなかゆみとして現れることもあれば、境界がはっきりとした赤みや、盛り上がりを伴う湿疹などに発展することもあります。特に、皮膚が薄くて乾燥しやすい目の周りなどは、症状が強く現れやすくなります。

また、もともとアトピー性皮膚炎の症状がある人の場合、花粉が飛散する時期は全身の皮膚炎が悪化することもあります。

花粉によるかゆみ・湿疹の対処法とは

花粉が多く飛散する季節は、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。花粉による影響を防ぐ対策や、かゆみへの対処法をご紹介します。

花粉と肌が接触することを避ける

花粉の時期のかゆみ・湿疹を防ぐには、花粉と肌との接触をできるだけ減らすことが大切です。外出するときは花粉の付着を防ぐために、帽子やマスク、メガネなどを活用しましょう。帰宅したら、衣類や髪についた花粉をよく払い落としてから室内に入る習慣づけを。また、この時期は洗濯物もできるだけ部屋干しにするとよいでしょう。

花粉との接触を減らす方法については、『今年も花粉飛散のシーズン到来!つらくなる前に知っておきたい対策』や、『意外な盲点。髪の毛にも花粉対策を行うべき理由とは?』も、ぜひ参考にしてください。

肌のうるおいバリア機能を維持するスキンケア

角層のうるおいバリア機能を保つスキンケアも欠かせません。洗顔や入浴で肌に付着した花粉やホコリを洗い流してから、すみやかに化粧水や乳液で保湿ケアを行いましょう。ゴシゴシ洗いや、熱いお湯でのすすぎは角層からうるおいを奪ってバリア機能を低下させるもとですので、気をつけましょう。

かゆくても肌をかかない

湿疹とともにかゆみがあると、つい爪を立てて肌をかきむしりたくなりますよね。でも、かけばかくほど角層を傷つけてしまい、バリア機能が低下して悪循環に陥ってしまいます。かゆみなどを抑える塗り薬などを活用し、肌をかくのは控えましょう。

花粉の季節に起こりやすい湿疹・かゆみは、塗り薬で治療を!

花粉の影響による湿疹・かゆみは、顔や目元・首元など目立つ部分にできやすいのが特徴です。このような症状が現れてしまったら、できるだけ早く治療したいものですね。

IHADA(イハダ)のプリスクリードシリーズは、顔や目元・首元に使いやすいノンステロイド処方の治療薬。のびがよく、ほおなどの広い部位に使いやすいエッセンスタイプ、目元など細かな部分に塗りやすいクリームタイプの2種類から選べます。

第2類医薬品

エッセンスタイプ治療薬イハダ プリスクリードD

容量/希望小売価格(税抜)

14mL/1,800円

[ 適応症 ]

皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

湿疹や皮膚炎に効く、ノンステロイド治療薬です。素肌と同じ弱酸性で、無香料・無着色。ベタつかず、肌になめらかにのびて、すっとなじむエッセンスタイプです。

第2類医薬品

クリームタイプ治療薬イハダ プリスクリードi

容量/希望小売価格(税抜)

6g/900円

[ 適応症 ]

皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

かゆみ止め成分を配合した、ノンステロイド治療薬。適量をとりやすい先細チューブを採用し、目もとなど患部だけに塗りたいときに便利。テカらないクリームタイプです。

花粉が多く飛散しているシーズンは、できるだけ花粉が肌に触れないようにしましょう。また、日頃から保湿ケアを行い、肌のうるおいバリア機能をキープすることも症状の軽減につながります。

  • ツイート
  • シェア
  • LINEに送る
  • はてブ

KEYWORDS

  • 花粉
  • 湿疹