お肌のトラブル

湿疹のかゆみを爪でかくのはNG?かゆいときの対処法と治療薬

湿疹やかぶれに伴って起こる肌のかゆみ。よく「かいちゃダメ」といわれますが、意識すればするほどかゆみが気になったり、寝ぼけているときなど、つい無意識に爪でかきむしってしまったりしがちですよね。

肌がかゆいときは、なぜ爪でかいてはいけないのでしょうか。湿疹の原因や、かゆいときの対処法とともに、分かりやすくご紹介します。

emiスキンクリニック松濤 院長
中﨑恵美先生

湿疹とは?症状と原因

湿疹とはかゆみやヒリヒリ感を伴う肌の炎症反応であり、「皮膚炎」といわれることもあります。

湿疹が起こると肌に赤みやぶつぶつが現れ、水ぶくれができたり、ジクジクとただれたりすることもあります。しばらくするとかさぶたになって落ち着いていきます。

湿疹・皮膚炎の主な原因

湿疹・皮膚炎はさまざまなことが原因で起こりますが、主に、外からくる刺激による外的要因と、その人の体調や皮膚の状態による内的要因の2つがあります。外的要因が湿疹のきっかけをつくり、内的要因によって悪化するなど、両者が複雑に入り組んで関わっています。

外的要因には、花粉やハウスダスト、ウイルスや細菌、真菌(カビ)、植物や金属、食べ物、薬剤や化粧品に含まれる化学物質などがあります。また、内的要因には、体調や肌の状態、皮脂・汗の分泌状態、アレルギーやアトピーの素質などがあげられます。

たとえば、山歩きの後などに赤い湿疹やかゆみが出やすい人や、果物を食べたときに果汁の触れた口もとや手がかぶれる人がいます。これは、その人がある特定の植物や果物にアレルギーを持っていることが考えられます。

また、乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎などで肌のバリア機能が低下していると、普段であれば問題のない花粉や汗などのちょっとした刺激にも敏感になり、炎症やかゆみを起こしやすくなってしまいます。

湿疹・皮膚炎で起こるかゆみの正体

かゆみは、私たちに体の異常をいち早く知らせ、体を守ろうとする防御反応の一種です。外部からなんらかの刺激を受けたり、体のなかでアレルギー反応が生じると、肌の内部ではヒスタミンなどの「かゆみ物質」が放出されます。皮膚の表皮と真皮の境目に存在する知覚神経の末端部分が、そのかゆみ物質の刺激を感じ取り、脳に伝達されることで、かゆみを感じるというしくみです。

肌をかくと悪循環になるので注意!

湿疹や皮膚炎で肌がかゆくなると、つい肌をかきたくなりますよね。しかし、この行動はかゆみの悪循環を招きかねないため、注意が必要です。

肌のかゆいところを爪でかきむしると、たしかに一時的にはすっきりします。しかし、肌表面に傷をつけることで、肌のバリア機能の破壊を招いてしまいます。

肌のバリア機能とは、外気の乾燥や紫外線、ホコリなど外界の刺激から私たちの肌を守っている「外壁」のことです。肌表面の角層という部分では、うるおいを蓄えた角層細胞が層をつくり、そのすきまを細胞間脂質が埋め尽くすことによって、この肌のバリア機能を維持しています。

かゆい部分をかきむしって肌のバリア機能が低下すると、肌の内側から水分が蒸散しやすくなって肌は乾燥しがちになります。同時にホコリや細菌、アレルゲンなどの異物が侵入しやすい状態になり、ヒスタミンなどの「かゆみ物質」が放出され、さらなるかゆみを引き起こします。

それでもさらに肌をかきむしると、表皮の細胞から炎症を促す物質が放出され、周囲の神経や細胞を興奮させてしまいます。そうなるとかゆみを感じる部分が広がって、さらに広い範囲をかきむしることになり、皮膚の炎症をますます悪化させてしまうのです。

肌がかゆいときは冷やす

ここまで見てきたとおり、かゆいからと肌をかくとかゆみの悪循環に陥ってしまいます。そこで自宅でできることは、かゆい部分を冷やすことです。

皮膚の温度が下がると神経の興奮が鎮まり、かゆみを抑えることができます。冷たいおしぼりや、保冷剤をタオルやハンカチにくるんだものを患部に当てるとよいでしょう。冷たいシャワーを当ててもすっきりとします。

肌が乾燥しがちなときは、洗顔や入浴で必要以上に肌をこすりすぎないことも大切です。石けんや洗顔料をよく泡立てて、泡をクッションにしてナイロンタオルなどは使用せず手で洗いましょう。肌を清潔にしたあとは、化粧水や乳液、ボディクリームなどを塗って、保湿ケアを忘れないようにしましょう。

それでもかゆみが治まらないときや、皮膚炎が悪化する場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。外用剤やかゆみを抑える内服薬を使用することで皮膚炎は改善していきます。

かきむしって悪化させる前に!湿疹・皮膚炎に効く治療薬

湿疹や皮膚炎が気になるとつい触ったり、指でかきむしったりして肌を傷つけてしまうことがあります。症状が悪化する前に炎症を鎮める有効成分や、かゆみを抑える有効成分を配合した治療薬で、かゆみ・肌バリア低下の悪循環にストップをかけることも大切です。

IHADA(イハダ) プリスクリードシリーズは、デリケートな顔や目もとの肌トラブルに使えるノンステロイド処方の治療薬です。肌になめらかにのびる、心地よい使用感も特徴です。

第2類医薬品

エッセンスタイプ治療薬イハダ プリスクリードD

容量/希望小売価格(税抜)

14mL/1,800円

[ 適応症 ]

皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

顔の湿疹や皮膚炎に効く、ノンステロイド治療薬です。素肌と同じ弱酸性で、無香料・無着色。ベタつかず、なめらかにのびて肌にすっとなじむエッセンスタイプです。

第2類医薬品

クリームタイプ治療薬イハダ プリスクリードi

容量/希望小売価格(税抜)

6g/900円

[ 適応症 ]

皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

顔や目もとの「かゆみ」「かぶれ」を治すノンステロイド治療薬です。無香料・無着色、適量をとりやすい先細チューブを採用。3つの有効成分が肌のかゆみや炎症を鎮めます。

湿疹や皮膚炎は、外からの刺激による外的要因と、体調や肌のコンディションからなる内的要因が影響し合うことで起こりやすくなります。特に、肌が乾燥してバリア機能が低下しているときは、花粉や汗などちょっとした刺激にも敏感になり、赤みやぶつぶつ、かゆみなどを引き起こすことがあります。

かゆみがあるときはつい肌をかきむしりたくなりますが、肌を傷つけてバリア機能を低下させることで、肌はますますかゆみを感じるという悪循環に陥ることがあります。そんなときは、かゆみや炎症を抑える治療薬ですみやかに治療しましょう。あわせて、毎日の丁寧なスキンケアや体調管理で、肌をすこやかな状態に導きましょう。

  • ツイート
  • シェア
  • LINEに送る
  • はてブ

KEYWORDS

  • 湿疹