お肌のトラブル

しつこい大人のニキビの特徴は?思春期との違いとケアのポイント

「ニキビ」とひとくちに言っても、10代の頃によくできていたニキビと、思春期が終わってからできるニキビでは、できる場所や症状、ケアの方法などに違いがあります。

ここでは思春期のニキビと大人のニキビの違いをご紹介するとともに、大人のニキビを適切にケアするためのポイントについてご紹介します。

四谷三丁目皮膚科 院長
山田美奈先生

思春期にできるニキビの症状や原因

10代の思春期男女の約9割に発症すると言われているニキビ。おでこから鼻にかけてのTゾーンや、こめかみや頬のあたりなど、皮脂腺の多い部分にできやすいのが特徴です。また、顔以外でも胸元や背中など皮脂の多い部分にできることがあります。

中学生から高校生にかけてのこの時期は第二次成長(性徴)期と呼ばれ、身長が急激にのびるなど体格的な成長とともに、皮脂の分泌が活発になり、ニキビが発生しやすくなります。

思春期は毛穴がまだ小さいこともあり、急激に増えた皮脂がつまりやすく、アクネ菌の増殖を招いて炎症性の赤ニキビになることも多いのですが、成長期が一段落して皮脂の分泌が正常に戻ると、ニキビも自然に発生しなくなります。

大人にできるニキビの症状や原因

思春期を過ぎて発症するニキビは、頬から口もと、あごにかけてのUゾーンやフェイスラインに多く、顔以外では肩などにできることがあります。いずれも皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部位という特徴があります。

大人のニキビは、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が複雑に関わりあうことで起こりやすくなります。たとえば、睡眠不足や過度なストレス、偏った食生活、喫煙などによって肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れると、古い角層が肌表面に残ることで角層が厚くなり、毛穴がつまりやすくなります。

ターンオーバーの乱れは肌の乾燥を招き、間違ったスキンケアや、冷暖房のきいたオフィスに長時間いることなどでも、肌は乾燥しやすくなります。すると、肌を外的刺激から守っていたバリア機能も低下。肌は自らを守ろうとますます角層を厚くし、毛穴もさらにつまりやすくなります。

このように大人のニキビは原因が複雑で、何度でも繰り返してしまうことがあります。大人のニキビの予防には、生活習慣やスキンケアの方法を、ひととおり見直す必要があります。

ニキビケアのポイント

ニキビは皮脂の過剰分泌や、毛穴がふさがることで起こりやすくなりますが、毛穴のなかで皮膚の常在菌であるアクネ菌が増殖すると、炎症を起こして赤ニキビに進行してしまいます。ここでは炎症前と炎症後、それぞれのケアのポイントをご紹介します。

炎症前の白ニキビ・黒ニキビのケア

角化によってふさがれた毛穴内部に、皮脂や古い角層のタンパク質が溜まることで面皰(めんぽう/コメド)と呼ばれるポツポツができます。この状態を白ニキビ(閉鎖面皰)と言います。また、毛穴が開いていると皮脂が酸化し、黒ニキビ(開放面皰)になることもあります。

この時点でのケアには、皮膚科で行う面皰圧出(面皰を専用の器具で除去する処置)や、古い角層を取り去り、肌のターンオーバーを促すケミカルピーリング、毛穴のつまりや炎症を改善する外用薬の使用などがあります。

ニキビを予防するためにホームケアでは、適切な洗顔で肌を清潔に保つとともに、化粧水や乳液で水分と油分をバランスよく補い、肌のバリア機能をキープすることが大切です。「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記されたスキンケア化粧品を使うのもよいでしょう。ニキビを爪やピンセットなどでつぶそうとすると、雑菌の繁殖を招き、ニキビが悪化することもあるので、くれぐれも気をつけましょう。

炎症を起こした赤ニキビのケア

白ニキビや黒ニキビが発生した後に、毛穴内でアクネ菌が増殖すると、白血球がアクネ菌を攻撃するために炎症を起こし、赤ニキビへと進行します。

炎症をそのままにすると、膿を持つ黄ニキビや紫ニキビに進行したり、炎症部分の組織がニキビ跡として残ったりすることがありますので、外用薬や内服薬ですみやかに炎症を鎮めることがもっとも大切です。そのうえで面皰を取り除いたり、ニキビの原因をつくっている皮脂分泌や毛穴のつまりを改善するケアや、治療を行ったりしていきます。

ホームケアにおいても、まずは炎症を鎮めることが大切です。そのうえで毎日のスキンケアや生活習慣を見直し、すこやかな肌を保ちましょう。

大人のニキビや吹き出物に!使用感のよいニキビ治療薬

ニキビは、アクネ菌が増殖して炎症を起こす前に治すことが大切です。そこで、抗炎症成分(イブプロフェンピコノール)や殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)を配合した治療薬で、すばやく、効率よく治しましょう。

IHADA(イハダ)のアクネキュアクリームは、コメドの生成を抑える抗炎症成分と、アクネ菌に効く殺菌成分のW効果処方。油分少なめ、なめらかにのびて肌に負担をかけないジェルクリームタイプで、上からメイクをしてもよれにくいのも特徴です。

第2類医薬品

ジェルクリームタイプ治療薬イハダ アクネキュアクリーム

容量/希望小売価格(税抜)

16g/800円、26g/1,100円

[ 適応症 ]

にきび、吹き出物

消炎と殺菌の2つの有効成分を配合したニキビ・吹き出物治療薬です。ノンステロイド処方で弱酸性・ノンアルコール。患部への刺激を最小限にした設計で、爽やかなグリーンティーの香りです。

思春期のニキビと、大人のニキビの違いがお分かりいただけたでしょうか。ニキビは、皮脂の過剰分泌や毛穴がつまることで起こりやすくなり、アクネ菌が皮脂を栄養に増殖すると、炎症を起こして悪化します。

日頃から肌を清潔に保ち、ニキビをつくらせない肌をキープするとともに、ニキビができてしまったときは抗炎症作用・殺菌作用のある治療薬で早期に治療しましょう。

  • ツイート
  • シェア
  • LINEに送る
  • はてブ

KEYWORDS

  • 大人
  • ニキビ