お肌のトラブル

肌荒れになったらどうすればいい?肌荒れの原因と治療薬

季節の移り変わりや生活リズムのちょっとした変化が原因で、肌荒れを起こしてしまった経験はどなたにもあるのではないでしょうか。赤みやぶつぶつなどの肌荒れができるとメイクのノリも悪くなるのはもちろん、かゆみを我慢できずにかきむしってしまい、症状をさらに悪化させてしまうことも・・・。ここでは、肌荒れが起こるしくみや原因について、チェックしていきましょう。

スキンクリニック藤枝 院長
小野健太郎先生

肌荒れとは

本来であれば表面のキメが整い、内側から輝くようなツヤやハリをキープしているのが理想の美肌。しかし、季節の変わり目などのちょっとしたことがきっかけでうるおいが失われ、かさつきやザラつきが目立ったり、ニキビや吹き出物が現れたりすることがあります。

なかでも、かゆみやヒリつきをともなう肌荒れや、肌表面に赤みやぶつぶつなどの湿疹ができるようなときは、肌の内部で炎症が起きている可能性があります。

ではなぜ、炎症は起きてしまうのでしょうか。くわしく見ていきましょう。

肌荒れのとき、肌の内側で起こっていること

みなさんは、季節の変わり目に肌がムズムズとかゆくなったり、それまで普通に使えていた化粧品が急に肌にしみるようになったりしたような経験はありませんか?こうした状態のときは、実は肌のバリア機能が低下している可能性が高いのです。

私たちの肌は、表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっており、そのそれぞれが、水分を蓄えたり、ハリ・弾力をキープするなどしたりして、体の内側(内臓)を守る働きをしています。

なかでも表皮のもっとも外側にある角層では、角層細胞が積み重なり、すきまを細胞間脂質が埋めることによって「肌のバリア機能」を形成しています。このバリア機能があることで、私たちの肌は乾燥した空気や紫外線、ホコリやアレルゲンなど、外界からの刺激に負けない構造になっているのです。

しかし、ひとたび「肌のバリア機能」が崩れてしまうと、肌は外界からの刺激に弱くなり、細菌などの異物が侵入しやすい状態に。すると肌は、それを排除しようとして炎症を起こし、かゆみや湿疹などの肌トラブルに発展してしまうのです。

肌荒れを引き起こす原因

「肌のバリア機能」が崩れてしまう背景には、いくつかの原因があります。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や偏食、暴飲暴食など生活習慣の乱れが続いていると、肌の生まれ変わりに欠かせない血液の循環や代謝機能にも悪い影響を及ぼします。すると、健常な角層細胞が育ちにくくなり、肌のバリア機能ももろく、崩れがちになってしまいます。

お酒の飲みすぎやタバコなども肌の状態に影響を与えますので、気をつけましょう。

外部からの刺激

肌は常に、紫外線をはじめ、熱や寒さや乾燥、化学物質、カビや細菌など、さまざまな刺激に取り囲まれています。肌のバリア機能が低下したときには、これらの外部因子が肌に悪い影響を与えることがあります。

また、毎日の洗顔やスキンケアの際に肌をゴシゴシこすることは、肌のバリア機能にダメージを与えます。炎症にかゆみを感じるため、ついつい肌をかきむしりたくなりますが、弱った肌にさらなる刺激を与えることになりますので気をつけましょう。

年齢と乾燥

角層内の天然保湿因子(NMF)は、年齢ともに減少します。そのため年を重ねると肌の水分をキープする力が弱まり、バリア機能も低下していきます。

また、角層の表面をヴェールのように覆うことで水分の蒸散を防いでいた皮脂も、加齢により分泌量が減少します。このため肌はますます乾燥し、同時に、外界からの刺激に弱くなってしまうのです。

一方、赤ちゃんの肌はバリア機能がまだ成熟していないことから、乾燥による肌トラブルを容易に起こしてしまいます。このように、乾燥によるバリア機能の低下はどの年代の人でも起こりえます。

赤みやかゆみ、湿疹をともなう肌荒れは肌内部の炎症によって引き起こされること、炎症の発生には肌のバリア機能が大きく関わっていることが、おわかりいただけましたか?

年齢とともに肌が乾燥しやすくなるのは避けることができませんが、生活習慣やスキンケアの方法を見直すことで、肌のバリア機能をすこやかに保つことは可能です。今回ご紹介した肌荒れのしくみを理解し、デリケートな肌のケアに役立ててくださいね。

肌の炎症を鎮めて肌荒れを治す!

一度できてしまうとなかなか治らない肌の赤みやかゆみ・湿疹を治すには、医薬品で肌内部の炎症を鎮めることも大切です。そこでおすすめしたいのが、IHADA(イハダ)のプリスクリードDです。

イハダ プリスクリードDは、顔にお使いいただくことを一番に考えて、心地よい使用感を実現。肌の炎症をおだやかに鎮め、ノンステロイド処方で気になる肌トラブルの改善をサポートします。

第2類医薬品

エッセンスタイプ治療薬イハダ プリスクリードD

容量/希望小売価格(税抜)

14mL/1,800円

[ 適応症 ]

皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

顔の湿疹や皮膚炎に効く、ノンステロイド治療薬です。素肌と同じ弱酸性で、無香料・無着色。ベタつかず、なめらかにのびて肌にすっとなじむエッセンスタイプです。

目の周りや口元、ほおなど、顔にできた炎症やかゆみ・湿疹は、とても目立ちますし、一刻も早く治したいものですよね。エッセンスタイプで使いやすく、肌にすっとなじむ顔に使いやすい治療薬で、気になる肌トラブルを治し、美しくすこやかな肌を取り戻しましょう。

  • ツイート
  • シェア
  • LINEに送る
  • はてブ

KEYWORDS

  • 肌荒れ