もっと詳しく モアリップN

商品写真
治すために知っておきたいくちびるのトラブルに効く成分とその働き

成分1 アラントイン ALLANTOIN

成分2 グリチルレチン酸 GLYCYRRHETINIC ACID

あれたくちびるの修復を促します。

くちびるの炎症をおさえます。

成分3 ビタミンE VITAMIN E

成分4 ビタミンB6、パンテノール VITAMIN B6, PANTHENOL

皮膚の血行をよくして、新陳代謝を促します。

皮膚・粘膜の健康を維持します。


ここがモアリップNの自慢

カサカサして、皮がむけるくちびるのあれ

モアリップNは、油分の中にうるおい成分をとじこめてあるので、くちびるを守りながらうるおいを補給します。またスティックタイプのものにくらべて、のびがよく、なめらかな使用感です。

イラスト

くちびるは、顔のほかの皮膚とは構造が違い、角質層がとても薄く、皮脂腺もないためうるおいを保つバリア機能が弱いのです。そのため、顔の肌以上に大気の乾燥の影響を受けやすく、あれやすいのです。

イラスト

ひび割れしたり、赤くはれてかゆみや痛みがある口唇炎

口角がただれて、切れてしまう口角炎

何かにかぶれたり、乾燥がひどくなって、くちびるがあれや炎症をおこすことによります。

イラスト

加齢などで口角の形が変化して湿潤しやすくなったり、ビタミンB2、鉄、タンパク質の不足などの栄養障害や皮膚炎、黄色ブドウ球菌の感染等によりおこります。

イラスト

モアリップNは薬だけど、毎日使ってもいいの?

硬くてチューブから出しにくい

5〜6日間使用しても症状がよくならない場合や使用して症状が悪化した場合は、直ぐに使用をやめて、医師や薬剤師にご相談してください。くちびるのあれなど症状がある場合にはお使いいただけます。

イラスト

冬季など気温の低い時に中味が硬くなり、チューブから出にくくなることがあります。その場合は、手の中で少し温めてからお使いください。

イラスト