尿素ってなに? 意外と知らない尿素のお話

秋冬の乾燥やエアコンによる温度・湿度の変化、空気汚染、ストレス、化学的な刺激・・・。
私たちをとりまく肌環境は、厳しくなるばかりです。
乾燥肌に健康とうるおいをとりもどすのが、尿素配合シリーズのテーマ。
さまざまな乾燥肌をたすけるため、
医薬品、医薬部外品と
幅広いラインナップを取りそろえました。
さぁ、「尿素」の効果でうるおいのある健やかな肌へ。

乾燥って症患?

肌がカサカサしてかゆくなったり、白く粉をふいたようになりパサパサする、ボディーの乾燥症、水仕事などで指先がひびわれる手指のあれ、かかと・ひじなどが硬くコチコチになる角化症。このように肌が乾燥して水分をうまく保てない状態、それが”乾燥肌”です。肌が健康でいるためには、皮ふのいちばん外側の「角層」に、ほどよい水分がなくてはなりません。肌が乾燥する理由としては、季節の変化や環境、物理的な刺激など外からの原因と、年齢・体質など生理的な原因があげられます。

健康な肌:角層にほどよい水分があり、肌の表面はなめらかです。乾燥肌:角層は厚くなり水分がいきわたらず、表面があれてしまいます。

乾燥肌の原因

季節・気候

  • 秋冬の空気乾燥
  • 気温が下がり、汗をかく量がるため肌への水分補給が減る
  • 肌を守る皮脂膜がうすくなる

環境・生活習慣

  • 長時間のエアコンの使用
  • こたつ、電気毛布の使用

生理的原因

  • 年齢によって水分や皮脂分泌、また肌機能が低下する

科学的・物理的刺激

  • 水仕事、洗剤の使用
  • サンダルのかかとがあたる、ひじをつくなど、くり返しの刺激

ボディーの乾燥症

秋冬は空気が乾燥するので肌もうるおいを保ちにくい季節。皮ふが乾燥し、ちょっとした刺激にも敏感になりがちです。
「腕や脚、腰まわりなどがかさつく」「ベッドやこたつで温まるとかゆくなる」など一時的な、また部分的な乾燥症でなやむ人が増えています。お年寄りの場合、このような症状は老人性乾皮症とも呼ばれます。
かゆみをともなう乾燥症状には、かゆみどめと保湿成分の配合された医薬品で治療しましょう。

おすすめのフェルゼア
DX20ローション

手指のあれ

もともと手のひらは肌にうるおいをあたえる皮脂腺がなく、とても乾燥しやすい部分。
水仕事や洗剤(化学的刺激)、紙を扱うことやタイピング(物理的刺激)が多いオフィスワークなどで手指はあれてしまいます。
またこれらが原因となり、皮ふをおおう皮脂の膜や、角層のうるおいを保つ尿素などのNMF(天然保湿因子)が失われ、乾燥や角化を悪化させてしまいます。
水分を保つ効果にすぐれた尿素が配合された医薬品で治療しましょう。

おすすめのフェルゼア
HA20クリーム

角化症

かかとがコチコチに硬くなり、ひびわれてしまう。こんな症状はありませんか?角層が厚くなる「角化」は、外からの刺激に対して皮ふが体を守ろうとする反応です。でも厚くなりすぎて水分がいきわたらなくなると、皮ふは硬くなり、ひどくなるとひびわれてしまいます。足に合わないサンダルやミュールでかかとに刺激を与えていませんか?ひじをつくなど、くり返し同じ動作をしていると、ひじ・ひざにみられることも。
意外と見られているかかと。どんなにおしゃれな足元も、かかとがガサガサではがっかりです。角層をやわらかくしてくれる尿素の配合された医薬品を使ってつるつるのかかとを目指しましょう。

おすすめのフェルゼア
HA20クリーム