尿素ってなに? 意外と知らない尿素のお話

秋冬の乾燥やエアコンによる温度・湿度の変化、空気汚染、ストレス、化学的な刺激・・・。
私たちをとりまく肌環境は、厳しくなるばかりです。
乾燥肌に健康とうるおいをとりもどすのが、尿素配合シリーズのテーマ。
さまざまな乾燥肌をたすけるため、
医薬品、医薬部外品と
幅広いラインナップを取りそろえました。
さぁ、「尿素」の効果でうるおいのある健やかな肌へ。

尿素はなぜいいの?

尿素は肌のみずみずしさ、しっとり感をつくりだしている天然保湿因子NMF(Natural Moisturizing Factor)のひとつです。
いつでも人間の肌の中にあるもので、皮ふがうるおっているためには欠かせません。
乾燥した皮ふに水分をよび戻し、コチコチの角質をやわらかくしてはがすというすぐれた特性は、まさに尿素は乾燥肌・角化症の治療に適しています。
その尿素を外からも取り入れることで、より乾燥から肌を守ることができるのです。

1)尿素は肌に浸透して、2)水分をひきよせます。3)古い角質はやわらかくなってはがれうるおいのあるなめらかな表面に。

天然保湿因子NMF(Natural Moisturizing Factor)

皮ふが水分をキープしうるおいのある状態を保てるのは、角層にあるNMF(天然保湿因子)のはたらきのおかげ。
このNMFの成分のひとつが尿素です。
※尿素が水分を引きよせ、蒸発、乾燥を防ぎます。